本文へスキップ

 山梨県障害者就農促進協議会は障碍者の農業分野への就労を促進する為様々な分野の方と連携してゆきます。                                    










-スマートフォンpage  

                                                

     

設立趣旨CONCEPT

趣旨

 山梨県内における福祉と農業の連携は、福祉施設において作業の一部に農業が取り入れられてきているのが現状です。
 私たちは農業分野を障害者の就労先として、県内における農業を取り入れている福祉施設のネットワークづくりや、高等支援学校の卒業後の就労先の開拓などを積極的に行い、障害者の農業分野への就業促進のための環境整備を目指し協議会を発足することにしました。
 この実現をするために次の活動を行います。
1 会員それぞれが、農業分野等での障害者雇用の促進につながる活動を行うこと。
2 あらゆる機会を通じて、農業関係者等への障害者こようのりかいとこようそくしんをはかること。
3 農業分野と福祉分野及び教育分野の関係者が互いに協力し合い、障害者の農業分野への就労促進のため関係機関への働きかけを行うこと。


会長メッセージ



会長あいさつ


 皆様におかれましては、日頃障害者の就労につきまして、御支援・御協力をいただき誠にありがとうございます。


さて、昨年の12月8日に、障害者の農業分野への就労を促進することを目的とする「山梨県障害者就農促進協議会」を設立いたしました。


全国的に、福祉施設において障害者の作業活動として農作業を取り組んでいる事例や、農業分野を障害者の就労先として積極的に取り組んでいる状況が多く見られます。また、農林水産省関東農政局に「関東ブロック障害者就農促進協議会」が設立され、近県においても農業と福祉の連携が推進されています。


県内においても、農作業を取り組んでいる福祉施設が多数ありますが、施設間の連携が確立されていないことや、今春4月には、「山梨県立高等支援学校桃花台学園」が新設され、この学園の産業技術科に農業生産コースが設置されます。このような状況から、当会の活動は、障害者の就農のためのシステムつくりや、卒業後の就労先の開拓などのためのネットワークつくり情報発信が主な活動となり、これを推進するため農業分野・福祉分野・教育分野等の関係者の皆様のご協力が必要となります。


このため、当会では、広く会員の募集を行っています。活動に御理解をいただける皆様の御参加をお待ちしております。
                                 会長 佐野 克己



役員名簿

会長
佐野 克己       山梨市障害児者フューチャー連絡会
副会長
栗原 昭雄       NPO法人 わたげの会
副会長
八巻 光太郎      社会福祉法人 さかき会
会計
大野 秀博       社会福祉法人 忠恕会
理事
平野 伸次       農業生産法人 青空生産農場
理事
田村 悟        (前) 山梨県立かえで支援学校長
理事
中込 学        社会福祉法人 三富福祉会  
理事       
志村 恵子       社会福祉法人 あすなろの会             
理事
久保川 忠       NPO法人 ジョブクリエーター
理事
清水 信一       武蔵野東高等専修学校長
理事      
吉村 純        峡東圏域マネージャー        
  
                           
監事
角田 旭        公益財団法人 山梨厚生会
監事
小林 奈都夫      NPO法人 地域福祉サポート笛吹
顧問
川村 岳人       健康科学大学 准教授

バナースペース

山梨県障害者就農促進協議会
事務局 NPO法人ジョブクリエータ
→アクセス

〒400-020
山梨県南アルプス市野牛島1745-3

TEL 055-287-7307
FAX 055-213-5024